左の腰が痛い場合の応急処置

左の腰が痛くて、仕事やでも痛みがあり、レントゲンでも異常がなく、病院でも明確な理由がわからないという腰痛はよくあります。

慢性の腰痛だと整骨院などでも専門外なので、なかなか治すのは難しいと思っている方が多いです。

ただ病院で診察してもらってこれといった明確な原因がわからなかったのなら、重い病気からくる腰痛ではないと考えられるので、筋肉などの疲労による腰痛の可能性がありますね。

ぎっくり腰なのど急性の腰痛の場合には冷やしたほうが効果的ですが、慢性的な腰痛の場合には温めると楽になると思います。

坐骨神経痛などの慢性的な腰痛の場合にも温めると楽になるということなので、お風呂などのでマッサージをするといいのではないでしょうか。

ただ温めるのはあくまでも一時的に楽にする方法で、根本的な治療にはならないので、根本的な治療をする必要があります。

まずはしっかりと腰痛の原因を知る必要があります。左の腰が痛い場合には人によって原因が違ってきますが、普段の姿勢に問題があるかもしれないですね。

もし慢性的な腰痛なら普段からの姿勢を改善していく必要があると思ったほうがいいかもしれないですね。

特に仕事などでデスクワークをしているような人は、椅子に座る姿勢について一度見直してみるといいかもしれないです。母乳が出ない