腰が痛い場合の病気で子供に多いのは?

腰が痛いと言う症状は大人だけではなく子供もしっかりと腰痛になります。

ただ大人と子供とではなりやすい腰痛の種類は大きく違ってきます。

では子供がなりやすい腰痛で多いのはどのようなものなのでしょうか。

子供の腰が痛い病気で多いのは、スポーツによる腰痛になります。

スポーツをやっている子供は意外と腰痛になる子が多いです。

そんなスポーツをよくやっている子供に多いのが「筋性腰痛症」という病気になります。

この腰痛はスポーツによって腰の筋肉に負担がかかって痛みが生じるというものになります。

これは子供の身長の成長に対して、筋肉の成長が追いついてないのが大きな原因になります。

対策としては運動の前や運動後にしっかりとストレッチをすることで回避することができます。

他にも椎間板ヘルニアになる子供も増えてきているので、大人と同様に子どのもの腰痛も深刻な問題になってきています。

子どものヘルニアは珍しいことではなく、意外と悩んでいる人が多いですが、ヘルニアは重症化しないと手術ができないということで意外とやっかいな症状です。

日ごろからしっかりと対策していく必要があるのですが、人によってヘルニアの症状は違うので民間療法などを安易に使うのは良くないです。詳細はこちら