腰痛が原因で退社し借金生活

腰痛によって仕事ができなくなってしまって、生活費のために借金をして返済できなくなってしまったということは誰にでもありえることです。

特に肉体労働をしている人やデスクワークをしている人の場合だと、腰痛によって仕事に支障が出るようになってしまっては死活問題になります。

実際に重労働だといわれている保育士や介護士の中には仕事によって、ヘルニアギックリ腰などの腰痛によって腰が悪化してしまって、働くのが困難になってしまったということは普通にあります。

生活の働かなくてはならない状況だったとしても、医者にドクターストップをかけられてしまってはどうしようもないということです。

腰痛で働けなくなってしまった場合には、腰痛治療をしながら腰に負担のかからないような仕事を探すことになりますが、元々の職種によってはほかの仕事ではつぶしが利かないような場合も多いです。

特に介護士や保育士などの場合だと、ほかの業種への転職って結構難しいですよね。そのため転職したとしても収入が足りなくて借金生活になる可能性があります。

腰痛などによって仕事がなくなり、借金返済が難しくなってしまった場合には債務整理などによって借金を整理した方がいいです。

また場合によっては生活保護をも検討するといいかもしれないですね。借金返済できない場合に無料相談を利用した返済のコツを伝授