腰痛で債務整理まで追い込まれてしまった人とは

腰痛が原因で債務整理まで追い詰められてしまった人は少なくないです。

腰痛は日本人の国民病のような症状で、おそらく日本人で腰痛で悩んだことがある人ってかなり多いのではないでしょうか。

腰痛自体はそこまで珍しい症状ではないですが、腰痛って完治させるのが非常に難しい症状であることを知らない人が多いです。

実際に私の場合は、若い頃のギックリ腰が原因で今でも腰痛を抱えています。病院で診察を受けても原因不明なのでどうしようもないです。

そもそも病院で腰痛の診断を受けても70%は原因不明と診断されるので、病院で腰痛が治療できるのは稀なんですよね。

そのため腰痛の症状があっても、治療ができずに、痛みで仕事にならなくなってしまい、会社を退社してしまうということが普通にあります。

私の以前の会社でも腰痛の悪化によって仕事ができなくなってしまい、会社を退社してしまった人が多数います。

腰痛で仕事を退社すると生活が難しくなってしまうので、人によっては住宅ローン奨学金などが返済できずに、債務整理で借金を整理することになるという人も少なくないです。

債務整理は借金整理に便利な方法ですが、債務整理後の生活のこともしっかりと考えていくことも大事になります。https://xn--3yq508bn9cwyeqjr2ebw1gzeh.com/